子育て

「とんでもございません」「〜になります」…キレイな日本語を使いましょう!

今日は日本語のお勉強です笑 かなり長くなります笑 昔、仕事で人に言葉づかいを教えていた経験がある手前、普段でも「キレイな日本語を使いたい!」と思っているし、自分の子どもにも「日本語が持つ美しさを伝えていきたい!」と思っています。 美しい日本語…

母子のイライラ防止策〜間食のススメ〜

昨日、夕方4時頃にお腹が空きはじめました。 すぐに海苔で巻きながら納豆を食べたのですが、そこから1時間半ほど経ったとき、またさらにお腹が空いてきました。 昨日は朝からばたついていたので、納豆1パックでは足りなかったのだと思います。 夕方5時半…

前代未聞の手づくりごはんイベント「ケの日ごはん」で感じたことのいろいろ。

少し前のことですが、先月末、メンバー限定のイベント やもりなおみのケの日ごはん を開催しました。 私がつくったごはんたちをひたすら食べてもらうというイベントです。 このイベントの発端は、 「1度 食堂みたいなものをやってみたい!!」 という気持ち…

私をつくってくれたミスタードーナツJR山科駅前ショップ 今までありがとうございました!

今日は思い出話をします。 かなりの長文になってしまいました。 わたくし個人の勝手気ままな文章なので、興味がない方はどうぞ素通りなさってくださいませ。 先日、若かりし頃にお世話になっていたJR山科駅前のミスタードーナツに行ってきました。 このお店…

子どもの学び欲を最大限に発揮させるために親ができること

先日、娘のお誕生日でした。 5歳ともなると、さすがにお誕生日には何かプレゼントがもらえるとすっかり思い込んでいて、数日前から「アレが欲しい」「コレが欲しい」とおねだりしていました。 娘が一番ねだってきたおもちゃと本は本人の捨てられない性格上…

今の仕事に生きている手応えを感じていますか?

先日、娘が観ていた子ども向けの番組の中で 「仕事ってね、ごはんを食べたり、服を着たり、家に住んだり… 毎日暮らすためにすることが仕事なんだよ」 と言っているのを耳にしました。 そのとき、何となく違和感を抱きました。 衣食住のためにするのが仕事 と…

お母さんが倒れる前にできることを。

妻であり、母親である貴女が倒れたり入院したら、どれだけの損失があると思いますか? 治療費や入院費用がかかるだけではありません。 「お母さんがつくったアレが食べたい!」 「嫁さんがつくったアレが食べたい!」 と家族が思ったとき、誰がつくってくれ…

人が自分の栄養不足を疑わない理由

私が開催しているお出汁の会では、お出汁の試飲をしてもらっているのですが、そのお出汁はかなり濃いめです。 『濃いお出汁を飲んでみて「ハァ〜 美味しい…」とカラダに染み渡っていく感覚がある場合は、いろいろ栄養が足りてないかもしれませんから、個人的…

戦前にあって戦後になくなった、かけがえのないもの

今はお盆 私のSNSのタイムラインでは、石川・岐阜・徳島などの盆踊りの景色を見ることができ、全国各地でご先祖さんの供養が行われているのだなぁ…としみじみしています。 8月は、 8/6の広島の日 8/9の長崎の日 という、我が国にとっては忘れられない2日間が…

お出汁を飲むと塩分過多・味覚障害になるか?という質問に対する回答

私の講座の1つ、『お出汁の会』では、 「お出汁をお茶代わりに飲んでくださいね」 とお伝えしています。 先日の鳥取でのお出汁の会の一幕。削り方をすぐにマスターしていたお子さま。 その栄養価を考えると皆さん納得されるのですが、講座中の試飲では、毎…

赤ちゃんのうつ伏せ運動は必要か?

赤ちゃんは、生まれてきたときは腕も脚もまだまだ骨は柔らかい 首なんてヘニャヘニャで、頭と首とを支えてあげなければ危険だ 馬や牛など動物の子は生まれたその日のうちに立ち上がって歩きだすけど、人間の子は長い時間をかけてカラダをつくっていく それは…

長岡花火と祇園祭に見た「お天道様」の存在

先日、貴重なご縁をいただいて、新潟の長岡花火を観覧する機会に恵まれました。 長岡花火は、噂どおりの素晴らしいクオリティーで、観ている私たちを一瞬たりとも飽きさせず、すっかり魅了されてしまいました。 特に、多くの人から「泣くよ」と言われていた…

何はなくともお出汁があれば人は元気になっていく

先日 完全クローズドで、子育てママたちのためにお昼ご飯をつくりに静岡まで行ってきました だし巻きやら唐揚げやらフォーなどのリクエストがあったので、最初は鶏づくしにしようかと思ったり、 「まぁそんなのは関係なしで調達できた食材で適当につくるか!…

「お菓子がご飯」という人に私ができることは?

突然ですが、 3年前の昨日、FBにあげた記事をシェアします ●●●●●●●●●●●●●●● 【手づくりすること】 お米や野菜・お漬物・お味噌と、何かと手づくりする家で育った私。 顆粒だしの存在を知ったのは20才前後。 母や祖母は、煮干しや昆布や鰹節でいつもお出汁を…

香り(匂い)とカラダの関係を浅いながらも書いてみた

私は、いろんな地方に呼ばれて講座をする機会があるのですが、だいたいは荷物が多いため、自宅から駅までとか、着いた先での駅から会場までとか、タクシーを利用することがあります 最近、タクシーを止めて乗り込むときに、タクシー内のある所を見るようにし…

「お出汁ですべてを整える」という考え方

先日、娘が数日間 高熱を出したときに私がしたことのいろいろ。 - やもりなおみの「食べること。暮らすこと。生きること。」←こんな記事を書きましたが、今日はそれの続きみたいな内容です 数日前、お友達のお宅の娘ちゃんが高熱が出たとSNSで見かけました …

全国のコンビニさんに切なるお願い!熱中症対策のスポーツドリンクよりコレを販売して!!

7月中旬 今日も私が住む地域では気温35℃の予報が出ています。 老いも若きも、「暑い」というだけで体力を奪われてしまいます どんなに食生活に気をつけていても、 お出汁を夏仕様にしてガブガブ飲んだとしても、 暑いものは暑いし、本当に毎日参ります(>_<) …

理想の世界にまた一歩近づいた日

昨日はとってもとっても嬉しいことがありました。 私が住む地域には、未就園児を対象に月に一度 自治会館(公民館みたいな場所)を解放して、子どもを遊ばせてくれる日があるのです おもちゃもいろいろあって、お母さん同士の交流ができたり、地域の係りの人…

授乳は何歳まで?ー2017.7.9現在の私の考えー

今日は、自分の反省点も踏まえて 『授乳』 に関するお話を。 子どもを産んだ女性にとって至福のときといえば『授乳をしているとき』 自分のおっぱいを一生懸命吸ってる子どもの横顔は本当に愛おしくて、力強くて、微笑ましい 母子のつながりを感じる一番の瞬…

がんばるお母さんに最高のプレゼントを。

小さな子を持つお母さんは、毎日15時くらいになるとイソイソし始める 子どもを19〜20時に寝かせようと思うと、お風呂か夕食を17時台に済ませる必要があり、18時台には終わっていないお風呂か夕食を終わらせなければいけない 17時台にお風呂に入るにしても、…

叶えたい理想像を実現するための、私なりの方法

今に始まったことじゃないのだけど、 「ご飯のレシピやら、講座内容やら、楽しそうなイベントやら、シェアするものやら、なんでいつもそんなに次から次へと思い浮かぶんですか?」 と質問をされることがある ↑牛肉解体イベントにて。 つい先日も同じ日に3人…

「乳腺炎になったらお肉はダメ!」という指導を減らすために。

昨日は友達のお宅へ、産後ママの食事サポートに伺いました。 以前から、妊婦さんや産後ママの食事サポートはしていたのですが、我が家に料理を取りに来れるご近所さんのみ受け付けていました でも、今回はお宅訪問 友達のお宅のキッチンや調味料、その時にあ…

娘が犯罪に巻き込まれないために親としてできること

子ども向けの絵本やテレビ番組などの中には、 「正義と悪」 があからさまに書いてあったりする たとえば、アンパンマンは正義 バイキンマンは悪 といった具合に。 ウルトラマンや仮面ライダーは正義 怪獣は悪だし。 良いプリンセスがいて、悪い魔女がいたり……

娘が数日間 高熱を出したときに私がしたことのいろいろ。

先週、娘が3日間ほど体調を崩していました 発熱です そのため、いくつかの予定をキャンセルいたしました。 ご迷惑とご心配をおかけした皆さま この場を借りてお詫び申し上げます。 有り難いことに、彼女は、あまり体調不良になることがなく、これまでも、発…

子どもにお菓子を与える人・ハトにエサを与える人・ノラ猫に餌付けするおばさんの共通点

私は、娘にあまりお菓子を買い与えることがない 「あまり」というより、ほとんどない 理由は、もう今や「砂糖 デメリット」などでググると山ほど情報が出てくるので、説明は省かせていただく 砂糖だけではない 添加物も、小麦も、トランス型脂肪酸も、GMOも……

子どものお箸はコレがいい!

今日は珍しく実用的なお話を書きます 子どものお箸について。 昨日だか一昨日だか、お友達と某SNSの中で、子どものお箸についてやりとりをしていました 世の中には「矯正箸」「しつけ箸」と言われるものがある 然るべきところに指がくるように、指を入れる輪…

何のために「食べて」いますか?

子どもが生まれた 旦那さんの給料がカットされた 子どもを私立の小中学校に入れるから 親の介護が必要になった 様々な理由で家計が厳しくなる場面が出てくる 家族と暮らしていなくても、一人暮らしであっても同じような状況下に置かれるときがある そんなと…

「いらない子だ」と思っていた私が親になって思うこと

今日は、私の昔の話を。 私は、九州の田舎の次女として生まれた 私の家は「本家」 「本家」や「分家」なんて、今ではあんまり聞くことがなくなった言葉だけれど、私が幼い頃は、なにかというと 「本家の人間だから、世間様に恥じぬよう」 「本家だから、悪い…

その謙虚さ… 過ぎていませんか?

日本人は謝るのが得意だ 本当は謙虚ということになるのだけど、 謙虚さは、使い方を間違えるとどんどん自分で自分の価値を無くすことにもなる ときには、 「申し訳ない」 という気持ちより 「有り難い」 という気持ちでいた方が、結局 自分も相手も心地よか…

私が子ども料理教室をやらないワケ

あちらこちらで見かける、子ども料理教室なるもの 子どもに、ご飯づくりの楽しさや、食事の大切さなど、いわゆる「食育」を目的としているところが多い …というか、すべてがそうだろうと思う 「なおみさんはやらないんですか?」 と時々言われることがある …