正しさの押し付け

どんなに力説しても、伝わらない相手は存在する

 

世界の誰もが絶賛する音楽がないように、

国中の人たちが好きな食べものがないように、

同じ考えの人たちばかりではないのだ

 

 

誤解を解こうとアレコレ話しをする価値があるのかどうか

「相手が」というより、「その行為に」価値があるのかどうか

 

歩み寄らなければ、それぞれの道を歩んでいくしかない

 

あなたが自分のことを「正しい」と思っているのと同じように、

相手も自分のことを「正しい」と思っているのだから。

 

他人の考えを正そうと思うことほど愚かなことはない

 

正しさの押し付けが世に争いや戦争を生んでいる

 

あなたが正しいのでもなく、相手が正しいのでもない

 

ただ、「違う」だけなのだ

 

「違う考えの人たちがいる。じゃあ、自分は何をどう表現するか?」
そこにしか答えはない

 

憲法9条がどうのこうのと言う前に、

昨日のあなたの言動を

先週のあなたの言動を

思い浮かべて考え直すところから。

 

 

人も動物も植物も、

自分以外のものたちと共に生きるとは何なのか?

それぞれが考えられる世の中であって欲しい

広告を非表示にする