少食っ子の長女が最近 食欲旺盛になってきた!

我が家の長女は少食っ子です。

 

 

でも最近

その長女のごはん事情に

ちょっと変化が起きているので

記録しておきます。

 

 

 

 

 

まず、長女が

どれくらい少食かと言うと、

 

朝食は、納豆1パックと

お玉に一杯分のお味噌汁で

「お腹いっぱい」

と言うほど。

 

 

焼肉だって

お肉は5~6枚食べて

ごちそうさまをするくらい。

 

 

まぁ、一番食べない時の例ですが

それにしても少ない。

 

 

 

腹持ちのいいおやつを

食べたわけでも、

直前におやつを大量に

食べたわけでもないのに。

 

 

 

これが普通でした。

 

 

 

 

それが…

 

 

 

 

こんなにてんこ盛りの

穴子丼をペロリと平らげたのが、

3週間ほど前のこと。

f:id:y_naomix:20210411061202j:image

 

 

 

少し前の朝食は、

ここにもう一つ焼きおにぎりが

プラスされた量を食べ切りました。

f:id:y_naomix:20210411062554j:image

 

 

 

元々 焼きおにぎりは大好物で

 

 

 放っておくと3つくらい

あっという間に食べる子だけれど、

この日、私が一番嬉しかったのは

何も言わずにおかずも

食べ切ったこと。

 

 

 

 

今までなら

「焼きおにぎりと

お味噌汁だけでいい」

と言ってきたり、

 

「えーー  おかずはいらんのに」

と言ってきたり、

 

ひどい時は

「焼きおにぎりだけがいい」

と言うこともあったのに、

 

この日は本当に何も言わず

おかずも全部 食べ切りました。

f:id:y_naomix:20210411062957j:image

 

 

 

 

そして、その日の夜は

これを完食!

f:id:y_naomix:20210411063537j:image

 

f:id:y_naomix:20210411063600j:image

「完食」を彼女の言葉で「ピカピカ」と言います

 

 

ごはんには

彼女お手製のふりかけが

かかっています。

f:id:y_naomix:20210411063706j:image

 

 

煮干しだけを粉砕した

実家の父の手づくり煮干し粉と、

鰹節と海苔とほんの少しの塩

だけでつくられたふりかけ。

 

 

 

これまでは

自分から食べようとしなかった

煮干し粉を、

大好きな海苔や鰹節と一緒に

ふりかけにすることによって

進んで食べる結果に。

 

 

 

正しく言うなら、

このふりかけは本当に美味しくて

めちゃくちゃ褒めたんです。

 

 

 

そしたら

「美味しい?よかったーーー!」

と、本人は大喜びで

自分でも進んで食べるようになって。

 

 

 

 

ちょっと苦手だった煮干し粉を

自分でふりかけにしたことも、

本気で褒めたらビックリするくらい 

ごはんを食べたことも、

母としては嬉しい誤算。

 

 

 

 

 

 

別の日は、これまで

「辛いからイヤ」

と拒否していた新玉ねぎを

「ちょっとだけ辛いけど食べてみる!」

と完食しました。

f:id:y_naomix:20210412092108j:image

 

 

 

ほら、ピカピカ!

f:id:y_naomix:20210412092228j:image

 

 

 

 

 

そして、別の日の朝。

 

 

だいたい自分でごはんを装うのですが、

からしっかりこの量。

f:id:y_naomix:20210412092511j:image

 

 

今までは、

「それ一口で終わるやん!」

ってくらいの量しか装わなかったのに。

 

 

 

 

お手製のふりかけもかけて

この日も完食!

f:id:y_naomix:20210412092540j:image

   ↑

「ごはんとお味噌汁の位置は

それでいい?」

と聞いたら、背後に飾っている

雛人形を見てハッとし、

急いで置き換えていましたが笑

 

 

 

 

 

 

実は、お味噌汁のネギの量を

本人に気づかれないように

徐々に増やしていっています。

 

 

 

少し前まで

「一個だけにして!」

と必死で訴えてきていたのに、

今はこれくらいなら

平気で食べるようになりました。

f:id:y_naomix:20210412115903j:image

 

 

 

お友達のおうちに

お泊りに行った時も、

炒めた牛のハツを

「このお肉 美味しい!!」

とパクパク食べていました。

 

 

モツ系は苦手だったはずなのに。。。

 

 

 

 

 

本人が食べられない・食べたくないのに

無理やり食べさせることは

消化吸収の面でも

決していいことではありません。

 

 

 

だから、私も娘に無理強いはしない。

 

 

 

本当は悲しいし、残念だけど。

 

 

 

今 焦って食べさせて

たとえ完食したとしても

彼女の中で

「良いこと 」

「嬉しかったこと」

としては残らない。

 

 

 

そのうち、

好きだったものも食べなくなったり

食事自体が辛くて悲しいものになる。

 

 

食事時間が恐怖に変わる。

 

 

 

 

それでは本末転倒。

 

 

 

 

まったくの逆効果。

 

 

 

 

 だから、無理はさせないけれど

でも、母として、

少しでも食べられるように

アシストすること

はとても大切だと思うのです。

 

 

 

ふりかけのように

あまり好きじゃないものを

大好きなものと一緒にする。

 

 

お味噌汁のネギのように

本人が気づかないくらいのペースで

ちょっとずつちょっとずつ

増やしていく。

 

 

完食できたときは

精一杯 喜ぶ。

 

 

隙をみてタンパク質系のおやつを

食べさせる。

 

 

などのアシスト。

 

 

 

 

 

長女は、今まで離乳食の時が

一番食べていました。

 

 

 

今は、それに匹敵するほどの

食欲が戻ってきたのか?!

と思えるくらいの食欲です。

 

 

 

いや〜 嬉しい!

 

 

子どもとはいえ、

ちょっとしたストレスで

食べられなくなるのは

過去に経験済み。

 

 

 

 

だからこそ嬉しい!

 

 

 

私としては、

初潮を迎える前に

しっかり食べられるようになって欲しい

と密かに思っていたので、

このタイミングでこの食欲は

神様からのプレゼントのようで

本当にありがたい。


 

 

 

ちょっと考えても、

何か大きな決定打が

あったとかではなく、

きっと少しずつ

いろんなことが功を奏したのかな

と思っています。

 

 

 

最近リリースした動画配信講座の

チキンジャーキーも

自ら進んでおやつに2本も食べてくれたし、

このまま

「食べられるカラダ」

になってくれると良いな☆

f:id:y_naomix:20210412120022j:image

 

 

 

★★★最新の動画配信講座のお知らせ★★★

チキンジャーキー講座

 

★★★よだなおみ公式サイト★★★

 

★★★よだなおみYoutubeチャンネル★★★

 

★★★よだなおみFacebook★★★

よだ なおみ | Facebook

 

★★★よだなおみInstagram★★★

https://www.instagram.com/yoda_naomi/

 

★★★よだなおみTwitter★★★

究極のおうちごはん研究家よだなおみ (@ouchigohan703) on Twitter

 

 

 

 

 

 

ようやく新米を口にする日が!〜新嘗祭を重んじる家庭環境を〜

我が家

ようやく新米をいただきます。

f:id:y_naomix:20210321162615j:image

f:id:y_naomix:20210321164133j:image

 

 

 

11月の新嘗祭より先に

新米を口にしないよう、

夏辺りから少し多めに買うお米。

 

 

 

 

去年は、新嘗祭がちょうど

出産予定日に近かったので、

身重の状態でちょくちょく買いに

外に出ることも難しいかと思い、

8月に大量に買っておいたのでした。

f:id:y_naomix:20210321165218j:image
f:id:y_naomix:20210321165222p:image

 

 

 

 

そしたら、

どうも買いすぎていたようで

新嘗祭を遥かに過ぎ、

お正月も過ぎ、

春分の日にようやく新米を手にする

という事態に^^;

 

 

 

 

おかげで、

陛下より先に新米を口にすることは

なくてよかったものの、

果たして「新米」と呼んでもいいのか

よくわからない時期になってしまったw

 

 

 

 

でも、食べてみると

やっぱりみずみずしさが違いますね!

f:id:y_naomix:20210321164059j:image

 

 

 

 

これからの毎日のごはんの楽しみが

また増えました。

f:id:y_naomix:20210321164843j:image

 

 

 

 

が、今年は妊婦でもないし、

様子を見ながら買い足すことにします笑

 

 

 

 

★★★よだなおみ公式サイト★★★

 

★★★よだなおみYoutubeチャンネル★★★

 

★★★よだなおみFacebook★★★

よだ なおみ | Facebook

 

★★★よだなおみInstagram★★★

https://www.instagram.com/yoda_naomi/

 

★★★よだなおみTwitter★★★

究極のおうちごはん研究家よだなおみ (@ouchigohan703) on Twitter

 

★★★よだなおみクラブハウスアカウント★★★

naomiy703

 

 

 

実家からへその緒が届いた話〜母とのお別れと、天国での再会のために〜

実家から

私のへその緒が届きました

f:id:y_naomix:20210316081822j:image

 

 

 

きっかけは、Twitterで見かけた

この呟き

f:id:y_naomix:20210316082023j:image

https://twitter.com/riramother/status/1369288057862594563?s=21

 

 

 

 

自分のへその緒を

母親の棺の中に入れる

 

これ自体は、もうずいぶん前に

何かを見たか聞いたかで

知ってました。

 

 

 

 

自分が母親になり、

二人の子のへその緒をもらっても

このことを思い出さず、

Twitterで見かけて思い出すという^^;

 

 

 

 

さっそく同居している弟に

在り処を知っているか聞いたところ

「知らない」と。

 

 

 

姉も同じく。

 

 

 

弟にこの呟きを見せ、

在り処を知っておきたい旨を

告げたところ、

すぐに母に聞いたらしく…

 

 

 

でも、いきなりへその緒のことなど

なぜ聞いてくるのか

母が不思議がっていたと。

 

 

弟は、私が、

母の死を待っているかのように

誤解されてはいけない

と思ったのか

 

棺に入れるためとは言えない。

「自分も子どもを産んだばかりだから

気になったのかな?

それなら送ってあげようか」

と言ってるから、送ってもらったほうが

話がスムーズだ

 

と言うので、

結局 母に真相は伝えずに

送ってもらうことに。

 

 

 

 

一緒に、母子手帳

父からの手紙も入っていて

f:id:y_naomix:20210316083536j:image

 

 

 

 

美味しい海苔まで。

f:id:y_naomix:20210316083723j:image

 

 

 

 

 

へその緒は、

開けてみたら このとおり。

f:id:y_naomix:20210316083334j:image

 

キレイに包んでありました。

 

46年前の脱脂綿に。

 

 

 

 

 

 

へその緒は、

子どもが大病をしたときに

煎じて飲むと良い

という話も聞きますが、

母親の棺の中に入れるのは

天国で迷わず母と出会える

からだそうで。

 

 

 

 

 

命が誕生した時から

母子をつないでくれて、

亡くなってからもつないでくれる。

 

 

 

 

 

煎じて飲むのもいいけれど

私は後者がいいな…と。

 

 

 

 

実際に、母に話したら

どんな反応をしたかわからないけど、

人は生まれてきた以上、

死に向かっているもの。

 

 

 

 

 

誰しも、明日必ず目覚めるとは

どこにも保証がないわけです。

 

 

 

 

ならば、本人の意識が

まだしっかりしているうちに、

万が一のときの延命治療や

銀行口座のことなど

周知が必要だと思ったからこそ

弟に聞いてみたのだけど、

話の流れで手元に届いた私のへその緒。

 

 

 

二人の娘たちのへその緒も

いつ見ても込み上げてくるものがあるし、

46年経って初めて目にする

自分のへその緒も、また然り。

 

 

 

 

 

 

母子手帳も一緒だから余計にかな。

f:id:y_naomix:20210316112903j:image

 

 

 

 

 

母に何かがあったときは

f:id:y_naomix:20210316111723j:image

これを持って駆けつけよう。

 

 

 

 

 

そして、私に何かがあった時のために

2人分のへその緒の在り処を

娘たちには伝えておこう。

f:id:y_naomix:20210316112715j:image

 

 

 

 

長女にはもう話しておこうかな。

 

 

 

泣いちゃうかもな。

 

 

 

 

その時は素直に泣こう。

 

 

 

 

これを一緒に入れてくれたら

天国で必ず会えるからね!

って。

 

 

 

★★★よだなおみ公式サイト★★★

 

★★★よだなおみYoutubeチャンネル★★★

 

★★★よだなおみFacebook★★★

よだ なおみ | Facebook

 

★★★よだなおみInstagram★★★

https://www.instagram.com/yoda_naomi/

 

★★★よだなおみTwitter★★★

究極のおうちごはん研究家よだなおみ (@ouchigohan703) on Twitter

 

★★★よだなおみクラブハウスアカウント★★★

naomiy703

 

ご先祖さまに次女出産の報告をしてきました

雨が降った翌日

お天気がとても良かったので

妙心寺に行ってきました。

f:id:y_naomix:20210315062133j:image

 

 

 

 

我が家の本山。

 

 

 

 

先日、「clubhouse」という

音声のみのSNS

祖父や祖母、その兄弟である

伯祖父や叔祖父の話をした時、

そういえばご先祖さまに

次女が無事に生まれた報告を

していなかったな…

と思い、お参りしに行こうと

思っていたのです。

 

 

 

 

お朔参りなど、神社には

よくお参りに行くものの、

このところ

お寺にふらっと入った記憶が

ほとんどないので、

これもいい機会だな、と。

 

 

 

 

そしたら案の定、

最寄り駅から妙心寺に向かって

歩いている時、

一番最後にその道を歩いたのが

かなり前のことだったと記憶が戻り、

ご先祖さまにはずいぶんな無礼を

働いてしまったことを反省しました。

 

 

 

 

元々 親や祖父母が信仰心が強く、

私も物心がついた頃から

般若心経を空で唱えていて、

それは今でも変わらず。

 

 

 

 

親元を離れて京都で

一人暮らしを始めた頃だったか、

「遠方だから

お仏壇に手を合わせられない」

と母に不満を漏らした時、

「九州の方に向かって

手を合わせればいいよ」

と言われ、

その通りにしていたものです。

 

 

 

 

実家に帰ればお墓参りには

必ず行くものの、このコロナ騒ぎで

里帰りもままならない状況。

 

 

 

 

両親にはいつ次女と会わせて

あげられるだろう…

 

次女とお墓参りに行って

ご先祖さまにもご挨拶したいし…

 

とずっと思っていたけれど、

 

近くに本山があることを

急に思い出して行った次第。

 

 

 

 

里帰りできれば…

お墓参りできれば…

とばかり思っていたけど、

近くに妙心寺があるじゃないか!

と、ご先祖さまは

きっとヤキモキされていたでしょう。

 

 

 

 

お天気も手伝って

足を踏み入れただけで

気持ちが晴れやかになりました。

f:id:y_naomix:20210315162122j:image

 

 

 

 

年末年始を避けて

一月中旬にお宮参りを済ませ、

f:id:y_naomix:20210315162354j:image
f:id:y_naomix:20210315162350j:image

 

 

 

 

 

ちょうど100日目には

お食い初めもし、

f:id:y_naomix:20210315162552j:image
f:id:y_naomix:20210315162555j:image
f:id:y_naomix:20210315162549j:image

 

 

 

 

節句はウナギでお祝いをして。

f:id:y_naomix:20210315162655j:image
f:id:y_naomix:20210315162659j:image

 

 

 

 

大きなことはできないけれど

こじんまりとでも

神々や仏さま・ご先祖さまに

これからも守っていただけるよう

ご挨拶もできたし、

ようやく心が落ち着きました。

 

 

 

 

あと5日ほどで4ヶ月。

 

 

 

 

 

指しゃぶりをしながら

勝手に寝つくことも多く、

f:id:y_naomix:20210315163639j:image

 

 

 

 

首がしっかりしてきた証となる

後頭部のハゲ方も立派なもんです笑

f:id:y_naomix:20210315163506j:image

 

 

 

 

こんな些細な変化を

ご先祖さまも微笑ましく

見守ってくださっているはず。

 

 

 

また折を見てお参りに行きます。

 

 

 

★★★よだなおみ公式サイト★★★

 

★★★よだなおみYoutubeチャンネル★★★

 

★★★よだなおみFacebook★★★

よだ なおみ | Facebook

 

★★★よだなおみInstagram★★★

https://www.instagram.com/yoda_naomi/

 

★★★よだなおみTwitter★★★

究極のおうちごはん研究家よだなおみ (@ouchigohan703) on Twitter

 

★★★よだなおみクラブハウスアカウント★★★

naomiy703

初の東京出張からの5年を思う〜「やったことがない」は可能性である〜

5年前らしいです。

f:id:y_naomix:20210312143035j:image

 

 

初めて東京に

手づくりベーコンの会で

出張に行った時。

 

 

 

この時はまだ東京が

少し遠かった。

 

 

 

東京かー!

大変だー!

 

って思っていた。

 

 

 

 

でも、今は違う。

 

 

 

 

東京は近い。

 

 

 

新潟も近い。

 

 

 

広島も福岡も近い。

 

 

 

 

 

人は、経験してないことや

知らないこと

わからないことを

度々 怖がる。

 

 

 

経験値がないから。

 

 

知らないから。

 

 

 

 

不安だったり怖くなるのは

得体が知れないから。

 

 

 

どんなものなのか

わからないから。

 

 

 

でも、やってみると

意外となんでもなかったりする。

 

 

 

 

遠くに見えている壁は

近くに行くと案外

薄くて低いかもしれないから。

 

 

 

 

調べたり

経験したり

探ってみると

「なぁ〜んだ こんなことか!」

と思うことも多い。

 

 

 

 

 

そして、その体験が

自分の枠をどんどん広げてくれる。

 

 

 

あの時、あの状況で

あれをやってのけたんだから

きっとこれもできるだろう

と思えてしまう。

 

 

 

 

 

 

この、初の東京出張を皮切りに、

新潟

長野

鳥取

広島

福岡

熊本と、

いろんな地域に出向いて

講座をやった。

 

 

 

 

日帰りで行ったところもある。

 

 

 

 

 

だから、まだ行ったことのない

北海道だって近く感じる。

 

 

 

 

子ども2人を連れても

間違いなく行ける自信がある。

 

 

 

 

だから思う。

 

 

 

 

一番愚かなのは

やらずして怖がること。

 

 

知ろうとせずに

不安になること。

 

 

 

 

最初の一歩は怖いけど

その一歩を踏み出した先には

今まで見たこともない景色があり、

包まれたことのない空気があり、

出会ったことのない人がいる。

 

 

 

そのすべては可能性に変わるから。

 

 

 

 

「やったことがないから」

「行ったことがないから」

という思考自体が

自分の伸び代を示すものだと

思って欲しい。

 

 

 

 

 

海外で料理講座をする。

 

 

これが私の夢の一つ。

 

 

 

 

お出汁の会でもいいな。

 

 

5つの魔法の調味料講座でもいいな。

 

 

現地に住む日本人には

故郷を懐かしんでもらいたいし、

外国人には日本の食文化に

触れてもらえる機会にもなる。

 

 

 

フランスにも行きたい。

 

 

オーストラリアでもウケるかも。

 

 

 

そう思いながら、

この5年間を振り返っています。

 

 

 

 

ちょうど昨日は

東日本大震災から10年という節目。

 

 

 

 

いろいろありながらも

この10年のあいだに

少しは私も成長できたのかしら?

 

 

 

 

偶然にもキッチンでは

ベーコンを燻していて、

元々 家族に安心できる

ベーコンを食べさせたい

という一心で自分なりに

研究したベーコン。

f:id:y_naomix:20210312150328j:image

f:id:y_naomix:20210312150336j:image

 

 

 

 

 

久しぶりのベーコンづくりだけど、

一番近い人に美味しいものを

という思いは私の中にそのまま

形を変えず存在しているようです。

 

 

 

 

 

そして、今でも

「昨日ベーコンつくりましたよ」

「今ベーコンを仕込んでいます」

と、もう何年も前に

受講してくださった方から

よく連絡をもらいます。

 

 

 

 

こうやって、

 

せめて私だけでも…

 

せめてウチの家族だけでも…

 

せめてウチで食べるものくらいは…

 

そんな思いで毎日のごはんづくりを

楽しんでもらえる人を

これからも少しずつ増やしていこう

と改めて誓いました。

 

 

 

 

★★★よだなおみ公式サイト★★★

 

★★★よだなおみYoutubeチャンネル★★★

 

★★★よだなおみFacebook★★★

よだ なおみ | Facebook

 

★★★よだなおみInstagram★★★

https://www.instagram.com/yoda_naomi/

 

★★★よだなおみTwitter★★★

究極のおうちごはん研究家よだなおみ (@ouchigohan703) on Twitter

 

★★★よだなおみクラブハウスアカウント★★★

naomiy703

雛人形の正しい飾りかた〜「左上右下」の文化〜

早いもので今日から3月。

 

 

あっという間に2月が終わり、

雛人形をようやく飾りました。

f:id:y_naomix:20210301075514j:image

 

 

 

二十四節気の「雨水」に飾ると

良縁に恵まれるというので、

今年は次女の初節句だし、

ぜひとも雨水に…

 

と思っていたものの、

今年の雨水である2月18日には

間に合わず、なんとか2月中に

飾ることができました。

f:id:y_naomix:20210301154153j:image

 

 

 

雛人形の飾りかたに関しては

過去にも書いています。

なんだか文面が怒っていますね笑

 

 

 

 

先日、クラブハウスという

音声のみのSNSでも話しましたが、

もう少し補足しておくと、

 

そもそも雛人形とは

平安京の宮中(京都御所)の

婚礼の儀を形にしたもの

 

 

 

 

つまり、

男雛は天皇陛下

女雛は皇后陛下

なのです。

 

 

 

 

現在では、諸外国に合わせて

天皇陛下は向かって左

皇后陛下は右にお立ちになりますが、

日本古来の左上右下に従うと正反対。

 

 

 

 

京都御所には平安時代から

「右近の橘 左近の桜」

が植えられていますが、

これも、陛下が北を背にして

お座りになられた時の右・左で、

 

それは、

京都市内の右京区は向かって左

左京区は向かって右に

位置することでもわかります。

f:id:y_naomix:20210301084044g:image

 

 

 

となると、

男雛は左に飾られているのに

橘と桜は本来の位置で

飾られているのは滑稽です。

 

 

 

ちなみに、

「お内裏様」の「内裏」とは、

御所の中の宮殿のことを指すので

男雛のことを「お内裏様」と

呼ぶのは正式ではありません。

 

 

 

 

 

 

 話を戻して。

 

 

 

 

過去ブログにもあるように

日本は何かと左を重視してきました。

 

 

 

神社での参拝前に

御手水で手を清めるのも

左が先。

 

 

 

着物は左側が上になるように

着るし、

帯締めも、自分のカラダの

左側に向かって

下から上に上がるように結ぶのか

上から下に下がるように結ぶのかで

慶弔が分かれます。

 

 

 

これは、最初に左側の帯締め

上にするか下にするかの違いで、

上にすると慶事結び

下にすると弔事結び

になります。

 

 

 

 

 

食卓に上がる魚の頭も左。

f:id:y_naomix:20210301084755j:image
f:id:y_naomix:20210301084801j:image
f:id:y_naomix:20210301084758j:image

 

 

 

 

昔はお米が貴重品だったことから

ご飯は左側に配膳します。

f:id:y_naomix:20210301151900j:image

f:id:y_naomix:20210301152049j:image
f:id:y_naomix:20210301151850j:image

 

 

 

 

お弁当も左側がご飯。

f:id:y_naomix:20210301152432j:image

f:id:y_naomix:20210301152522j:image
f:id:y_naomix:20210301152831j:image

 

 

 

 

そんなこんなで、

生活の中にも「左上位」が

根強く残っています。

 

 

 

 

本来、雛人形の飾りかたに

関東式・関西式などはなく、

左上位を理解していれば

間違えることはありません。

 

 

 

 

しかしながら、ここまで

主流になってしまっては、

全国的に本来の飾りかたに戻る

なんてことは難しいでしょうね。

 

 

 

 

ただ、我が娘たちには

その意味も含めて

伝えていくつもりです。

 

 

 

こじんまりとでも

伝えていかないと、

だんだんと日本が日本では

なくなるような気がして。

 

 

 

古き良き文化は

なるべく形を変えずに

残したいものです。

 

 

 

 

★★★よだなおみ公式サイト★★★

 

★★★よだなおみYoutubeチャンネル★★★

 

★★★よだなおみFacebook★★★

よだ なおみ | Facebook

 

★★★よだなおみInstagram★★★

https://www.instagram.com/yoda_naomi/

 

★★★よだなおみTwitter★★★

究極のおうちごはん研究家よだなおみ (@ouchigohan703) on Twitter

 

★★★よだなおみクラブハウスアカウント★★★

naomiy703

 

 

 

《ご報告》商標登録できました!

ギリギリコロッケ

5つの魔法の調味料

 

この2つの商標登録の出願をして

1年と2ヶ月ほど。

 

  

この度、上記2つの名称が

商標として登録されました。

f:id:y_naomix:20210214094911j:image

何となく登録の番号はモザイクかけたけど

別にしなくてもよかったかな^^;

 

 

コロナ騒ぎに加えて、

私自身もあちこち出向いて

講座ができる状況ではないので

大々的に広める活動は

まだまだできておりませんが、

 

そのタイミングで

登録完了の通知が届き、

従来の形ではない方法で

広めるチャンスなのかもしれないと

感じています。

 

 

 

とはいえ、

大勢の人たちと

ギリギリコロッケをつくれたり、

目の前で魔法の調味料たちを

ご紹介できる状況が

少しでも早くやってくればいいな

との望みは未だ捨てていませんが。

 

 

 

 

てことで、

これまでは™️(トレードマーク)を

つけていましたが、

これからは®️マークで

アピールすることが可能になりました。

 

 

®️マーク

「registered(登録済み)」の意味を持ち、

スマホやパソコンでは

アールマークアール

などで出てきます。

 

 

 

SNSその他で書いてくださることが

あれば、ぜひ®️をつけて

ギリギリコロッケ®︎

5つの魔法の調味料®︎

と書いていただけると

本気で泣いて喜びます。

 

 

 

ちょいと面倒ですが。。。

 

 

 

 

ぜひ

ギリギリコロッケ®︎

5つの魔法の調味料®︎

のさらなる発展のため

お力をお貸しください。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

そして、それぞれ

未だ未体験の方々や

うっすらとでも興味をお持ちの方々に

知っていただける機会に恵まれた際は

たくさんのご参加をお待ちしております。

 

 

 

                          よだなおみ拝

 

 

 

★★★よだなおみ公式サイト★★★

 

★★★よだなおみYoutubeチャンネル★★★

 

★★★よだなおみFacebook★★★

よだ なおみ | Facebook

 

★★★よだなおみInstagram★★★

https://www.instagram.com/yoda_naomi/

 

★★★よだなおみTwitter★★★

究極のおうちごはん研究家よだなおみ (@ouchigohan703) on Twitter

 

★★★よだなおみクラブハウスアカウント★★★

naomiy703