子育て

娘が犯罪に巻き込まれないために親としてできること

子ども向けの絵本やテレビ番組などの中には、 「正義と悪」 があからさまに書いてあったりする たとえば、アンパンマンは正義 バイキンマンは悪 といった具合に。 ウルトラマンや仮面ライダーは正義 怪獣は悪だし。 良いプリンセスがいて、悪い魔女がいたり……

娘が数日間 高熱を出したときに私がしたことのいろいろ。

先週、娘が3日間ほど体調を崩していました 発熱です そのため、いくつかの予定をキャンセルいたしました。 ご迷惑とご心配をおかけした皆さま この場を借りてお詫び申し上げます。 有り難いことに、彼女は、あまり体調不良になることがなく、これまでも、発…

子どもにお菓子を与える人・ハトにエサを与える人・ノラ猫に餌付けするおばさんの共通点

私は、娘にあまりお菓子を買い与えることがない 「あまり」というより、ほとんどない 理由は、もう今や「砂糖 デメリット」などでググると山ほど情報が出てくるので、説明は省かせていただく 砂糖だけではない 添加物も、小麦も、トランス型脂肪酸も、GMOも……

子どものお箸はコレがいい!

今日は珍しく実用的なお話を書きます 子どものお箸について。 昨日だか一昨日だか、お友達と某SNSの中で、子どものお箸についてやりとりをしていました 世の中には「矯正箸」「しつけ箸」と言われるものがある 然るべきところに指がくるように、指を入れる輪…

何のために「食べて」いますか?

子どもが生まれた 旦那さんの給料がカットされた 子どもを私立の小中学校に入れるから 親の介護が必要になった 様々な理由で家計が厳しくなる場面が出てくる 家族と暮らしていなくても、一人暮らしであっても同じような状況下に置かれるときがある そんなと…

「いらない子だ」と思っていた私が親になって思うこと

今日は、私の昔の話を。 私は、九州の田舎の次女として生まれた 私の家は「本家」 「本家」や「分家」なんて、今ではあんまり聞くことがなくなった言葉だけれど、私が幼い頃は、なにかというと 「本家の人間だから、世間様に恥じぬよう」 「本家だから、悪い…

その謙虚さ… 過ぎていませんか?

日本人は謝るのが得意だ 本当は謙虚ということになるのだけど、 謙虚さは、使い方を間違えるとどんどん自分で自分の価値を無くすことにもなる ときには、 「申し訳ない」 という気持ちより 「有り難い」 という気持ちでいた方が、結局 自分も相手も心地よか…

私が子ども料理教室をやらないワケ

あちらこちらで見かける、子ども料理教室なるもの 子どもに、ご飯づくりの楽しさや、食事の大切さなど、いわゆる「食育」を目的としているところが多い …というか、すべてがそうだろうと思う 「なおみさんはやらないんですか?」 と時々言われることがある …

「子どもの食事の味付け、何歳から大人と一緒にするの?」の質問に答えてみました

この前、子どもの食事について質問を受けたので、忘備録のつもりで書いておこう その質問は、 2歳になる子どもにはまだ薄味のものしか与えておらず、何歳くらいから大人と同じ味付けのものを食べさせればいいかわからない。 なおみさんは、娘さんが何歳くら…

「抱っこして!」は、「助けて!」と一緒です

子どもが抱っこをせがむときってね、 疲れてるからとか歩きたくないからだけじゃないのよ 「今 自分がココにいること」 を全身で感じたくてせがんでたりする それは、 「私って、ココに居てもいいのよね?」 っていう確認のようなもので、自分の存在を自分で…

自殺者をなくすご飯

先日、数ヶ月前に万能調味料講座を受講されたある女性から、嬉しいレポをいただいたのでご紹介します ***** 野菜に○○○○+味噌で味付け のみ。手品みたいに料理ができる( ゚Д゚)!! 万能調味料を習ってから ・計量カップ使わなくなった・自分の味覚レベルが…

子どもの満足と母親の不便

新幹線に乗って、娘と2人でお弁当を食べていたときのこと。 私は幕の内弁当のような、いろいろおかずが入ったお弁当 娘は本人の熱烈な要望により、柿の葉寿司 柿の葉寿司にはおかずがない 娘はそれも十分わかった上でリクエストしたのだけど、 どうも私のお…

たこたこウインナーから学ぶ、キャラ弁の必要性

子どもを授かると、子育てに関する情報が自然と集まってくる その集まってきた情報たちを、あーでもない こーでもないと取捨選択していくのだけど、 私がコレを必要とする日は、おそらく半永久的に来ないだろう と判断したものとして、 知育玩具 知育本 歩行…

グルタミン酸ナトリウムの最大の問題点と、私が思う「食育」の話

昨日、久しぶりに動画を撮りました ↓ 私が講座を通して実現したいこと。 - YouTube 43分もしゃべってるのに後で見直すと、言いたかったことがいくつも抜けていていました…汗 結論は、 「女性を元気にしたい!」 ってことには変わらないのだけど、 たとえば、…

おもちゃで変わる、その子の未来

先日、久しぶりに娘(4歳)が近所の子育て支援施設に行きたいと言うので連れて行きました そこは、生まれたての子どもから幼稚園児までが遊べる場所 すべり台やハシゴや、下の画像(ネットから拝借)のような木のプール といった大きな遊具から、おままごと…

豊かさはどこにある?

少し前、FB経由で以下の出来事を知った 『友利新、ツツジ「花摘み」批判されて謝罪 「息苦しい社会に...」同情の声相次ぐ』 https://www.j-cast.com/2017/04/26296589.html?p=all 私の娘も、公園の中に咲いている花や、スーパーの敷地内に茂っている木の葉っ…

料理イベントの向こう側にあるもの

少し前のことだけど、ベーコンの会に参加してくださった方からとってもとっても嬉しく、心温まるメッセージをいただいたのでシェア __________ 今更ながら、どーしてもなおみさんに感謝の気持ちをお伝えしたくてメッセさせてもらってます。 もとも…

家族も他人

本当に自分の道を歩きたいなら 親の言うことなんて聞くもんじゃない 親心で言ってくれてるのはわかるけど それは心で受け止める 「私のことを心に留めてくれてありがとう」って。 理解するのと従うのは違う だから、我が子にも言うことを聞かせようなんて思…

子どもの世界と大人の世界

今まで楽しく遊んでいたおもちゃを他人にぶん取られて泣きじゃくることで学ぶこともある ぶん取って泣かせたことで学ぶこともある 子どもは遊びながらいろいろ感じ取っている 子どもの世界に大人の事情は関係ない 子どもが思う問題と、大人が思う問題とは違…

助けを求める勇気

子育て中のママってどうしてこうもがんばってしまうのだろう? ちょっと小芝居かましてしんどいふりすりゃいいのに、 何でもかんでも自分でやろうとする 気持ちはわかるけど、後でイライラしたり翌日動けなくなったりするくらいなら、ウソなんてどんどんつけ…

母の役目

いつの間にか 公共の場でトイレに入るときも 「お母さん外にいといて」 と自分で鍵を閉めて1人で入れるようになって、 自分で拭いて 自分で流せる スリッパがあるところなら ちゃんとスリッパも揃えていて 抱っこせずとも手も洗えるようになってるし、 ペー…

息子へ告ぐ

私に息子がいたならば、 「電車で化粧する女と、 歩きタバコや唾とか痰でマーキングをしてる男子の横でヘラヘラ笑う女はやめとけ」 と言うだろう ちなみに、、 私の経験上、人前でイチャイチャするとその相手とはロクな別れ方をしない

この世の障害を減らす

どんな状況・立場であろうと、 「子どもと一緒」であることが 障害になってしまう 世の中の現象を減らしたい。 これは本当に切なる想いです。

特別なものに見えるとき

「子育てにこだわってらっしゃいますよね」 とか 「いつもお食事にこだわってらっしゃるから」 とか言われたとき、違和感がある 私、別にこだわっていません それが自然だし、普通だし、スタンダードなだけ なにも特別なことじゃない かなりバリアフリーです…

『お母さん、見て見て!!』

子どもというのは、 いつでも親に自分の姿を見ていて欲しくて がんばってる姿を見せたくて 「こんなことできるようになったよ!」って言いたくてたまらなくて 結局、いつでも自分のことを褒めて欲しいのよ で、それはきっといくつになっても一緒で、 一人で…

避妊のススメ

女性は、自分の身体を守るために 「避妊する」という選択をもっと真剣に考える必要がある 未婚でも既婚でも。 「子どもを産み育てるチカラがあるから宿るのよ」 と言う人もいるが、 たった1人の子であろうと、お腹で大きくさせることすらリスクになることも…

この子がいるから…

眠った娘を抱いて思う この子が全身のチカラを抜いて 身を委ねられる母親になれてよかった…と。 貴女から大きな自信をもらってるよ ありがとうね!

母親が自信を持つこと

私は 私と同じ「お母さん」たちに 母親としての自信を持ってもらいたいのだ 子育てへの自信 料理への自信 自分への自信 未来への自信 「私はこれでいいんだ!」 「こんなこともできる私ってすごい!!」 「私のやり方はコレなんです!」 なんでもいい とにか…

子どもは先生

我が娘 4歳 言葉もどんどん達者になり 親が言ってることをそのまま真似したり たった1回聞いただけの言葉をサラリと言ってのけたりする 服の好みも ヘアスタイルも ご飯のおかずも これはイヤあれはキライ と平然と言う 大人はみんな子どもは未熟だと思って…

機械化して欲しくない仕事

最近よく考えてること マタニティサポート産後ママサポートについて。 世の中には、 ○本当は助けて欲しいのに「助けて」って言えない人 ○ほんの少しの支えがあった方が絶対に良いのに、あまりにも必死になりすぎてそれがわかっていない人 ○妊婦であっても産…